借入とローンの違いとは

金融機関に行くと借入とかローンとか、はっきりとした違いが良く分からない言葉がたくさん登場します。その中でもよく耳にするのは「借入」や「ローン」という言葉ではないでしょうか。借入とは、お金を借りるということで、カードローンやキャッシングなど使用目的が制限されていないタイプの借入もありますし、医療ローンとか住宅ローンのように、特定の目的でまとまったお金を借りる場合にも適用されます。つまり、金融機関からお金を借りる場合には、すべてが「借入」になるというわけです。

一方、ローンというのは、住宅や車のローンのように、特定の目的でまとまったお金を金融機関から借りる場合に使われることが多いようです。近年では、使用目的が特定されておらず自由に使えるカードローンなども登場していますが、一般的に金融機関でローンというと、まとまった金額を借りることになります。ローンには、有担保のものと無担保のものがあります。住宅や自動車のように、大きな買い物をする場合に組むローンは、基本的には買ったものを担保に入れる代わりに低金利で借りられるという特徴があります。一方、教育ローンや医療ローンなどのように、担保を入れることが難しい場合、無担保ローンとして借りる際には金利負担が少し高めになってしまうことが多くなります。ただし銀行の場合には、本来なら無担保のローンでも、住宅や自動車などの資産を担保に入れることによって低金利で借りられる場合もあります。

金融機関からの借り入れでは、どんな目的でどんな風に借りたいのかをよく考えた上で、金融商品選びをしなければいけません。銀行や消費者金融会社など、金融機関といっても様々ですし、金融機関ごとに借入商品がたくさんラインナップされていて、金利や借入限度額などの特徴は異なっています。また、銀行系のローンなのか消費者金融系のローンなのかで総量規制も関わるため融資額も変わります。ニーズに合った借り方をすることによって、返済期間を考えた返済計画をしっかり立てて返済ができますし、お得に借りることが可能になります。

例えば、少しまとまったお金が必要になった場合、もしも使用目的が教育や医療のため、あるいは結婚資金など決まっている場合には、キャッシングやカードローンよりも目的別のローンとして借入申込みをしたほうが、低金利で借りることができます。金利負担が低くなれば毎月の返済額は少なくなりますし、多めに返済できれば返済完了までにかかる期間も短くなります。一方、キャッシングやカードローンなどの借入商品は、使用目的が自由という便利さがある反面、金利は高めになっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ