これからお金を借りたいとお考えのアナタ
のための情報源となります

借入におすすめのカードローン一覧

アコム

~アコムのおすすめポイント~
審査が厳しいので無謀な借り入れが出来ない分信頼が出来ます。 また、店頭や電話の対応がよくて評判です。 インターネットからも手続きが出来るので店舗に行かずにすみます。 インターネットでの手続きでも申し込みしたその日に借り入れができます。 返済シミレーションがわかりやすいので自分の返済プランが立てやすいです。 利息も安いのでちょっとした借り入れもしやすいです。 返済は時間がない時にはインターネッからはもちろんのこと、携帯電話やスマートフォン、コンビニでの返済が可能なので便利です。

プロミス

~プロミスのおすすめポイント~
お金を借りる時の利息がクレジットカード会社の利息と同じで多く利息を取られる心配がありません。 審査がとても早いので急用でお金が必要な時に当日すぐ借り入れが出来ます。 また、次の日に返済可能な借り入れであれば無利息でOKです。 アコムのホームページも見やすく消費者金融という借り入れの悪いイメージがなく利用しやすくなっています。 電話での対応は女性で親切で丁寧に説明して頂けるので借り入れ相談がしやすいです。 フリーキャッシングなら利息は返済頂く日数分だけでご利用頂けるので無駄なくお得に借り入れが出来ます。

新生銀行カードローン レイク

~レイクのおすすめポイント~
一番のメリットは銀行系の会社なので他社よりも大きな金額の借り入れが可能です。 消費者金融に抵抗がある方も安心して利用が出来ます。 女性向けのサービスもあるので、女性の方に利用しやすくなっています。 業界トップクラスの金利の低さもポイントで新規で5万円以内の借り入れならば、180日間無利息でご利用いただけます。 ある程度の収入があれば学生さんや主婦の方、アルバイトの方でもご利用頂けます。 ATMを他社銀行だけではなくコンビニにも設置されているので24時間365日好きな時に借り入れや返済が出来ます。

モビット

~モビットのおすすめポイント~
三井住友銀行グループなので安心して利用できます。 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方、社会保険または組合保険証をお持ちの方はインターネットでの申し込みが可能になります。 上記に含まれない方でも事前審査で即日融資が可能。 審査方法が書類だけではなく、個々の返済能力で見極めてくれるので他社での審査が通らなかった方でも利用できる場合もあります。 借り入れ限度額が800万円と高いのも魅力のポイント。 ローンは融資の利用先を限定されますが、モビットの場合は融資の用途は自由です。 ネットでの返済もでき、地方の銀行にも対応しています。

アイフル

~アイフルのおすすめポイント~
最短30分で審査が完了。 利用限度額が50万以下、他社を含めた借り入れ総額が100万円以下の場合は審査の時の収入証明書が不要です。 申し込み方法はインターネット、店舗、電話からでき、他人に知られたくない方や他人に受け取りされたくない方向けにキャッシングカードのカード配達指定ができるので便利です。 他社からの借り入れもまとめて頂けるので返済の仕方が簡単にできます。 いくつかの会社で借り入れされている方にオススメです。 おまとめローンで金利がやすくなることや、返済期間が長くできるのもポイント。 電話で借り入れ返済での不安なことも解決してくれますので相談しやすいです。

三菱東京UFJ銀行

~三菱東京UFJ銀行のおすすめポイント~
銀行系でありながら、最短即日の借り入れも可能というスピード感が売りの、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」。 インターネット申し込みなら、最短30分で審査回答が得られる。 500万円まで借り入れ可能で、100万円までなら収入証明不要。 返済は月々1,000円からOK。 金利は4.6~14.6%で、HP上で毎月の返済額と回数をシミュレーションができる。 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、提携先のコンビニATMは借り入れ・返済、ともに手数料無料。 口座を持っていなくても利用できるので、とても心強い。

住信SBIネット銀行

~住信SBIネット銀行のおすすめポイント~
住友信託銀行とSBIホールディングスによって、2007年に設立されたネットバンクのMr.カードローン。 銀行自体もカードローンも非常に顧客満足度が高く、特にカードローンは金利の低さが高評価。 金利は2.49~14.79%で、条件を満たせば更に0.5%低くなる。 300万円以下なら収入証明不要、最大1,000万円まで融資を受けることができる。 審査結果に応じて、スタンダードとプレミアムいずれかのコースに振り分けられ、プレミアムなら金利や限度額などより良い条件が適用される。 低金利、高限度、総量規制の対象外、使途自由のため、おまとめローンとして人気。

ソニー銀行

~ソニー銀行のおすすめポイント~
自営業や年金生活者、専業主婦でも申し込むことのできる、ネット銀行系のカードローン。 スマートフォンでも申し込める気軽さなどから、価格ドットコムの人気ランキングで2位に選ばれている。 ソニー銀行の口座があれば、300万円以下の借り入れについては本人確認書類、収入証明不要。 最短即日の借り入れも可能な上、返済は月々2,000円から。 限度額は800万円(専業主婦の場合は50万円)、金利は2.5~13.8%と申し分ないレベル。 セブン銀行やイオン銀行などの提携ATMなら、いつでも何回でも手数料無料。 利用明細は専用サイトで照会するので、書類が自宅に送られてくる心配なし。

オリックス銀行

~オリックス銀行のおすすめポイント~
オリックスグループのネットバンク、オリックス銀行のフリーカードローン。 1,000円単位で借り入れでき、300万円までは収入証明なしでOK。限度額は800万円。 申し込みに際して、オリックス銀行の口座開設は必要ない。 口座への振り込みによる融資も対応しており、ジャパンネット銀行を振込先として指定すれば24時間即時反映される。 銀行、郵便局、コンビニなど、全国に93,000台以上設置されている提携ATMは、終日手数料無料で利用できる。 2016年1月より、期間限定でキャッシュバックキャンペーンを実施中。期間中の実質金利が0円になるため、かなり魅力的。

東京スター銀行

~東京スター銀行のおすすめポイント~
最短即日での審査・借り入れが可能な、東京スター銀行のスターカードローン。 専業主婦やアルバイトの学生でも利用できる。 専業主婦については、30~50万円まで、と制限を設けているところがほとんどだが、スターカードローンは条件が明記されておらず、限度額の500万円まで申し込みが可能。とても珍しい銀行系ローン。 金利に関しては4.5~14.6%でメガバンクと同等の低金利。 300万円までは収入証明不要で、申し込みはすべてネットで完結(必要書類も画像を送るだけでOK) 通常のカードローンの他、カード・口座開設不要のネットローンも選択できる。条件はどちらも同じ。

みずほ銀行

~みずほ銀行のおすすめポイント~
「WEB完結申込」であれば、みずほ銀行口座を持っている場合、最短即日利用可能。口座を持っていなくても最短即日審査で同時に口座の申込もできる。また、みずほダイレクト利用者や手元に通帳を用意できれば、利用限度額200万円以下の場合、原則、書類提出は不要である。カードローン利用でみずほ銀行ATM時間外手数料や振込手数料が無料となり、みずほ銀行の住宅ローンを利用していれば基準金利より金利を年0.5%引き下げてくれる。 みずほ銀行を利用している方にオススメのカードローンである。

三井住友銀行

~三井住友銀行のおすすめポイント~
三井住友銀行に口座を持っていない方も申込可能で、インターネットの他、ローン契約機で申込みその場でカード発行も可能である。すでに口座を持っている方でインターネットバンキングから申込の場合、契約から融資までWEBで完結するため、審査書類や来店手続きは不要。申込方法が多彩なので電話や窓口でも対応し、即日審査、最短30分で融資してくれる。ご利用限度額は10万円単位で選択でき、最大800万円。金利は年4.0~14.5%で契約限度額が大きいほど安くなる。

楽天銀行

~楽天銀行のおすすめポイント~
楽天グループの銀行のため、楽天会員ランクに応じて審査の優遇をおこなっている。スーパーローンは限度額300万円まで収入証明書の提出が原則不要で、最大限度額は500万円。金利は年4.9~14.5%と低金利を追及している。カードローン利用でコンビニエンスストアでのATM利用手数料は無料となる。パソコンや携帯電話から24時間利用でき、その手数料も無料。専業主婦や満20歳以上であればパート、アルバイトで働いている方も申込できる。返済は月々3000円からのゆとりあるプランが用意されているため、気軽に利用できる。

じぶん銀行

~じぶん銀行のおすすめポイント~
最大800万円で、おまとめ・借り換えが可能で、最短その日のうちに口座に振り込んでくれる。じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行で窓口のないネット銀行だからこそ、2.4~17.5%と安心の低金利を実現している。さらに毎月の返済額は1,000円からなので最少返済額で無理なく返済ができる。また、利用時間・利用回数に関わらず、借入・返済はATM手数料完全無料で利用できるので外出先での急な出費にも対応できる。

セブン銀行

~セブン銀行のおすすめポイント~
セブン銀行に口座がある方の申込は簡単な必要事項を入力するだけで本人確認書類や収入証明書は不要。契約もWEBで完結する。口座を持っていない方は口座開設と同時に申込ができる。その場合、通常1週間程度でセブン銀行口座とローンサービスが利用できる。セブン銀行のキャッシュカードでダイレクトバンキングやセブン銀行ATMから曜日や時間にかかわらずいつでも借入・返済ができ、その際の手数料は無料である。新規の申込の場合、利用限度額は10・30・50万円の3種類から選択でき、返済は限度額によって月々5千円か1万円をセブン銀行口座から引き落としとなる。

イオン銀行

イオン銀行~のおすすめポイント~
イオン銀行カードローンBIGは、即日審査で原則14時までの申込は即日回答しており、審査完了後約4~5日でローンカードを受け取ることができる。限度額300万円までの申込なら、収入証明書の提出が原則不要で、最大800万円まで借入れ可能。金利は年3.8%~13.8%と安く、月々の返済は3,000円からなので利用しやすい。さらに資金の使い道は原則自由で担保や保証人も不要。専業主婦やパートの方の申込も可能である。コンビニ・銀行ATMから365日利用可能なので急な出費にも対応できる。

りそな銀行

~りそな銀行のおすすめポイント~
りそな銀行のカードローンは2種類あり、銀行ならではの低金利が魅力の「プレミアムカードローン」と、パート・アルバイトの方におすすめの「りそなクイックカードローン」があるのでニーズに合わせて選択ができる。インターネットで申込みができるので来店は不要。りそなキャッシュカードにカードローン機能を付加するため、キャッシュカード1枚で、りそなグループATMのほか、コンビニATMなどの全国の提携ATMで利用できる。また、残高不足でもカードローン限度額の範囲内で自動的に融資されるため、うっかりしていた時も安心。毎月5日が返済日となり、残高に応じて月々1万円からの返済となる。

大和ネクスト銀行

~大和ネクスト銀行のおすすめポイント~
大和ネクスト銀行のフリーローンは、利用限度額に応じた有利な金利(年4%~9.5%)で借入れることができる。利用限度額は学生の方は10万円、その他は10万円~500万円で10万円単位となっており、資金使途は原則自由(事業性資金には利用不可)なので、自分の希望に合わせて使用することができる。また、カードを発行していないので、借入れ、返済はすべてインターネットで手続き可能。契約期間は1年とし、1年ごとの審査のうえ自動更新となるが、満65歳以後の更新はできない。

ジャパンネット銀行

~ジャパンネット銀行のおすすめポイント~
カードローンの新規申込の受け付けは終了し、カードローンを契約している方はネットキャッシングへの切り替えの申込が可能。ネットキャッシングを契約するとカードローンは自動的に解約となる。このネットキャッシングはパソコン・スマートフォン・携帯電話から借入れ可能で、初回借入日から30日間は無利息である。また、口座振替やVisaデビットの支払額が普通預金口座の残高を超えた場合、ローンの利用可能額の範囲内で支払額の不足分を自動的に借り入れる自動融資の無料オプションもある。

新生銀行グループ

~新生銀行グループのおすすめポイント~
新生銀行グループのノーローンは借入日の翌日から7日間は何度でも無利息で利用できる。来店不要でインターネットや電話で申込み可能。インターネットでの申込はメール、電話での申込みの場合、審査結果は電話で知らせてくれる。初めての方でもその日のうちに指定の口座へ即日融資してくれる。また、計画的な返済で楽天ポイントなどのポイントが毎月貯まるので、さまざまな特典と交換することができる。さらに、インターネットから24時間手数料無料でリアルタイム取引ができるので出先での借入れも可能。

借入をしたい時に気を付けたい注意点

急にお金が必要になることは、毎日の生活の中では誰にでも起こりうることです。病気や怪我で急に医療費が必要になったり、出費が多くて生活費が足りなくなってしまったり、子供の教育費等で資金が必要になることもあるでしょう。また、恋人とデートをしたくても、お金がないなんてこともあるかもしれません。そんな時には、計画的に返済することを前提にした借り入れが便利です。

借入をしたい場合、まず銀行に借り入れ申込みをするのか、それとも消費者金融会社に借り入れ申込みするのかを決めましょう。銀行を利用する場合には、審査が少し厳しくなるというデメリットはありますが、審査に通れば低金利で借りられますし、まとまった額が必要な時などにも便利です。一方、消費者金融を利用する場合には、金利は少し高めですが、審査基準が緩くて借りやすいというメリットや、審査にかかる時間が短いので申込むと即日で融資を受け取ることも可能です。今日中にお金が必要という時などには、消費者金融の方が良い可能性が高いかもしれませんね。

また、借入をしたい商品を選ぶことも必要です。医療費や教育費など借り入れ理由が決まっている場合には、ローン商品なら金利も良心的になり、まとまった金額を借りることができます。ただし、使用目的は最初に限定されているので、他に少し回すといったことはできません。一方、生活費やデート代など、使用目的が制限されていない借入をしたい場合には、キャッシングやカードローンが良いでしょう。金利は少し高めですが、必要な時にサッと必要な額を引き出して借りられますから、とても便利です。

銀行や消費者金融からは、いろいろな借入商品がラインナップされています。それぞれ、適用される金利が異なりますし、借り入れ条件も異なっています。また、借り入れ可能な限度額も異なりますから、商品を選ぶ際には、いろいろな商品の情報を比較検討して、自分のニーズに合った商品の中から最もお得に借りられるものを選びましょう。また、消費者金融の多くは、無利息期間が設けられている商品もたくさんあります。1週間から3週間と無利息期間は金融機関によって異なっていますが、この期間内に完済すれば実質金利0%で借りることができます。今すぐにお金が必要だけれど、すぐに完済できるという人なら、こうした商品を選ぶことも、賢い借り方と言えます。無利息期間が付いた借り方は、借り入れを申し込んだ初回の借入のみに適用されるケースや無利息期間中なら何回でも無利息で借りられる商品もあるので、ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

他社借り入れがあるときのカードローン審査について

カードローンを申し込むと、まずは審査が行われます。銀行でも消費者金融でも、どのようなことが審査されるのかは金融機関によって異なりますが、消費者金融会社の場合にははじめに、申込者の他社借入状況がチェックされます。これは、消費者金融では貸金業法が適用されていて、その中の一つである総量規制に引っ掛かっていると、どんなに返済能力があるとみなされても借りることができないからです。総量規制というのは、貸金業法が適用される金融機関からの借入は、収入の3分の1を借り入れ限度額とし借入総額が超えてはいけないと決められているルールのことです。1社からの借入だけでなく、他社借入などもすべて含めた借入総額になるため、カードローンを申し込むと、顧客信用情報データベースへアクセスをして、他社借入状況を調べることになっています。

顧客信用データベースへアクセスして調べることは、他社からの借り入れ状況だけではありません。過去の返済状況なども合わせて調べて、審査の参考とされています。この顧客信用データベースというのは、消費者金融が共有してデータ管理を行っているデータベースのことで、独立した機関、信用情報機関によって管理運営されています。管理されている内容は、借り入れ状況や借入残高に加え、過去の返済状況、自己破産や債務整理などの事故情報が記録されています。

他社借入がある場合、総量規定に引っ掛かると審査落ちするので気を付けましょう。カードローンの申し込みをする場合には、できることなら現在の借入を返済したりして、借入残高を減らしておくことをおすすめします。また、複数社から借り入れをしている場合には、何社から借りているのかも合わせて注意しなければいけません。貸金業法によって何社までの借入がOKで何社以上はNGと決められているわけではありませんが、大手消費者金融機関では、利用者の多重債務を防ぐために3社ルールというものが設けられています。これは、3社からの借入はOKでも、それ以上になると審査落ちの対象となるというルールで、銀行の場合には独自に厳しい審査条件が設けられているので3社ルールは適用されませんが、大手消費者機関から借りる場合には、このルールが適用されることが多いようです。すでに複数借り入れをしていて、カードローンを申し込みたい場合には、完済できるものは完済し、おまとめローンなどで借入金融機関の数を減らすことも、審査に通りやすくなるためのコツです。消費者金融から借り入れる場合には、これらの点に気を付けて申し込みたいものです。

今日中に借り入れするコツ

日常生活の中では、今日中にお金が必要になってしまうことはあるものです。そんな時には、即日借入可能な商品を利用すると便利です。即日借り入れができる金融商品は、銀行や消費者金融会社などたくさんの金融機関からラインナップされていますし、多くの人が利用しやすくなっています。正社員として働いていて、安定した収入がある人なら、低金利で借りることができる銀行の借入商品をチェックすることから始めてみましょう。銀行の場合には、返済能力があると見なされれば、総量規制対象外なので収入の3分の1を超える金額でも借りることができ、まとまった金額を借りたい場合などには最適です。審査基準は消費者金融よりも厳しいことが多いのですが、最近では審査基準が比較的緩いカードローンなどの即日融資可能な商品もたくさんラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

銀行の審査に通らなかった場合には、消費者金融をチェックしてみましょう。消費者金融では即日借入できる商品がたくさんあり、申込んだ時間帯が早ければ今日中にお金を手にすることができます。即日借入する場合でも、申し込みの後には審査が行われるため、申込むならできるだけ早い時間帯に行うようにしたいものです。消費者金融から借りる場合には、総量規制の対象となりますから、申込むとまずは他社借り入れや返済の状況がチェックされ、年収の3分の1に近い額を借りていないかどうか、過去の返済状況で返済遅れなどの返済トラブルがないかを個人信用情報データベースで調べられます。この仮審査に通ると、今度は担当者が在籍確認や在宅確認などの審査を行い、実際に融資を受け取ることができます。当日受け取りをするためには、それぞれの金融機関が設定している申込み時間内に申し込まなければいけません。その後で申し込んだ場合、融資は翌営業日になってしまうこともあり、自動契約機で申し込んだ場合などには、とりあえず仮審査で認められた金額のみしか借りられません。本審査が行われた後で、希望する融資額の残高を受け取れます。

即日融資をスムーズに進めるためには、提出が必要な書類もあらかじめ準備しておくと良いでしょう。少額の借入の場合には、運転免許証や住民票、健康保険証など、提出しなければいけない書類は金融機関によって異なるものの、それほど多くはありません。免許証や健康保険証などは常に手元に持っていることが多いでしょうし、住民票の提出が必要になる場合には、役所が開いている時間に受け取っておきましょう。

学生がお金を借入する方法

学生の本業は勉学に励む事ですが、仕送りだけでは生活が厳しかったり、アルバイトをしてもお金に余裕がなかったり、学・・・

ろうきんカードローン

ろうきんとは、中央労働金庫のことをさし、資金を出し合ってつくっている共同組織の金融機関の事をいいます。 ろうき・・・

楽天銀行スーパーローン

このサービスのメリット ・専業主婦の方にも楽天銀行スーパーローンは利用可能で、配偶者の収入証明書類なども必要が・・・

三井住友銀行カードローン

このサービスのメリット ・即日融資が可能で尚且つ、低金利で高限度額である事。 三井住友銀行カードローン/金利4・・・

みずほ銀行カードローン

このサービスのメリット ・みずほ銀行の口座を持っていれば来店も郵送もせずに手続きを行う事が出来ます。 また、み・・・

東京スター銀行カードローン

このサービスのメリット ・専業主婦の方も申し込み可能 →「パートやアルバイトの方も安定した収入があれば申し込み・・・

オリックス銀行のカードローン

このサービスを利用するメリット ・所得証明書類を用意しなくて良い →300万円以下の借入であれば収入証明書類を・・・

ソニー銀行カードローン

このサービスのメリット ・低金利である事 ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8% みずほ銀行カードロー・・・

住信SBIネット銀行「Mr.自動車ローン」

このサービスのメリット ・利用出来る範囲が広い事 →自動車の購入だけではなく運転免許の取得費用やバイクの購入、・・・

住信SBIネット銀行のMr.カードローン

このサービスのメリット ・金利が安い事 住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」:2.49%~7.99% み・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ